更年期障害は、女性ならば当たり前に起こることです。
最近では、30代後半からプレ更年期に差し掛かるといわれていますよね。

更年期が進むと、女性は閉経に進んでいきますが、
始まり方は人それぞれですが、どんな感じなのでしょうか?

 

 

よく年下の友人から、「(閉経)ってどんな感じになっていくの?」って
たずねられます。

 

これって、結構人には聞けないことかもしれませんよね?

 

私は、プレ更年期から閉経が始まるまでが、ちょっと早かったような感じがします。
が、だいたいは45歳を過ぎたころだそうです。

 

日頃、手帳などに基礎体温や、生理周期などを付けていると、
体の不調や、なんだかおかしい?ということがわかると思いますので、
自分での管理が必要になってくるかもです。

 

 

閉経の始まり方には、個人差があるかと思いますが、
私の場合を少しだけ書きますので、参考にしてくださいね。

 

 

プレ更年期と閉経の始まり

私のプレ更年期は、35歳を過ぎたころから始まりました。
最初は、イライラ・やる気なし・・・・
ということから始まって、発汗がすごくなってから自分の中で「始まったなー」って
感じました。

 

それから、40歳を過ぎてから閉経の準備みたいなものが始まりました。

生理の周期が、ぐちゃぐちゃになってきます。
毎月手帳に記入していたのですが、これが全然役に立たなくなります。

 

1ヶ月に1回というのが通常ならば、2回とかあったり、
量的にも、すごーく増えたり、なんかね・・・・カラカラっていう時もあったり、
1週間ずーっと続いたり、2・3日で終了したり・・・

 

これを数か月続きます。

 

私の場合は、結構生理痛がひどかったので、いつもの通り・・・
と思っていましたが、全然です。
いつもの生理痛ではない!!っていうくらいひどかったです。
(こういう場合は、産婦人科で相談したほうがいいらしいです)

 

それに、量もすごーく多かったですね。
それこそ、会社を休んだくらいです。

 

こういうバイオリズムっていうか、波を繰り返して、
今月はあった、次の月はない・・という感じを繰り返していきます。

 

その後、1か月おきが、2か月おきとなり、3か月おきとなり・・・
半年に1回・・・になったとき、やがてひっそり閉経していきました。

 

 

あ・・・そういうものかと感じましたね。

 

若いころは、それこそ生理痛がひどかったので、
もう嫌だなーって感じていましたが、今思えばそれも女性ならではのこと。

 

ちょっと寂しい、空しい・・・・っていう思いがしました。

 

閉経後は、普通なんですがちょっと疲れやすくなったり、
だるーい日が、月に数回訪れます。
これがまさしく更年期障害なんでしょうね。

 

ですが、私的には更年期障害と向き合って、
なるべくそれがストレスにならないようにしています。

 

でもね。

 

自分でも何とかならないようであれば、絶対に産婦人科の医師に
相談するといいです。

 

更年期障害は病気ではないけれども、心の病(うつ病)にかかる方も
中にはいらっしゃいます。

 

男性にも更年期障害ってあるらしいですが、やっぱり男性には理解できないことかも知れません。

 

自分一人で悩まないで、相談する人や、ストレスを発散できる場所を
作っておくことをお勧めします。

 

元気で、美しい50代・60代を目指すためにも、
更年期障害を受け止め、前向きに付き合っていきましょう。
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ