私もどっぷり、更年期なんですが女性ホルモンと似た成分で
大豆があります。

最近若い人が、大豆食品などを摂取するのが減っているそうです。
その結果、更年期障害がひどくなることがわかってきたらしいです。

 

 

 

更年期障害がひどくなる?大豆食品離れ

発酵食品には、女性に大切な栄養素が、
いっぱい含まれていますよね。

 

特に大豆には、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分が含まれていて、
更年期に入った方には、食べてほしい食品みたいですね^^

 

大豆イソフラボン成分の効果を最大限に発揮する成分がエクオール
エクオールが少ない方は、更年期障害もちょっと重いらしいんです。

 

大豆イソフラボンとエクオールの関係に関しては、以前記事でもまとめてありますので、参考に読んでみてくださいね。
大豆イソフラボンで女性ホルモンを増加させるには?

 

エクオールが産生できる人と、できない人がいるみたいで、
その割合も、国別・年代別にわかってきている見たいです。

 

大豆食品を多く食べる日本人は、エクオール産生率50%

大豆食品を多く食べる、日本・中国などは、このエクオールをつくるできる人が、
約50%だそうです。

まー食文化の違いもあるかもしれませんが、発酵食品が多い日本では、
大豆製品はたくさんありますよね。

 

ですが、この研究で10代の方を見てみると、
エクオールがつくられる人は27%と少ないんです。

 

どういうことかというと、
若い人は大豆食品や発酵食品をあまり食べていない・・・
という結果になるみたいですよ^^

 

逆に、70代・80代に多いというのは、若いころから大豆や発酵食品をたくさん食べていて、腸内環境が整っているからだといえると思います。
(まー時代っていうか、そういうのもありますが・・・)

 

ちなみに、我が家の母は大豆製品があまり好きではなかったみたいです。
・・・・なので、更年期障害が重かったのかなー・・・
なんて、思っています。

 

でも、いまはすっかりいいおばぁなので、肌はツルツルしてまっせ!!
(羨ましい・・・・)

 

若いころから、大豆などの発酵食品を日常的に食していると、
腸内環境がととのい、エクオールも産生できるようになるらしいです。

 

大豆食品って、いろいろあってもなかなか毎日というわけには、
いきませんよね。

 

でも今や、サプリメントなどもあるので
なるべく毎日少しづつでも、大豆や発酵食品を食べる事を
心掛けるようにするといいですね^^

 

ちなみに、私は毎日スムージーを豆乳で作って飲んでいますよー^^
(コラーゲン入りだよ♪)
スムージーも自分が美味しいと感じるものなら、続けることができますよね^^

 

食事って、本当に大事なんだねー・・
最近つくづつ実感しています。

 

こちらのサイトを参考にしました。
大塚製薬~「エクオール」産生能力の実態調査

 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ