女性ホルモンは、40歳を過ぎると減少し始め、増えることはむしろありません。
ですから、うまく増やしていく為に、一番いい方法は毎日の食生活の中で、
食べ物を利用するのがいいです。

 

女性ホルモンの増やせる食べ物を、毎日の食事にうまく摂りいれましょう。

 

 

 

女性ホルモンの分泌量を上げるのは、本当に難しいです。

 

ですが、それを上手に補う働きをする栄養素は、食べ物から摂取することって、
可能なんだそうです。

 

以前も書いたんですが、女性ホルモンは2種類ありますよね。
エストロゲン(美人ホルモン)プロゲステロン(ブスホルモン)
女性ホルモンとは?加齢による減少とお肌の関係性

 

このエストロゲンと似た栄養素が多く含まれる食品が大豆製品。

 

大豆製品には、イソフラボン(聞いたことがありますね)を多く含んでいます。
イソフラボンは、体内でエストロゲンと同じような働きをしてくれるらしいです。

 

その中でも、豆乳は大豆製品の中でも体内への吸収が早いといわれています。

 

豆乳を毎日コップ1杯程度でも、
1日に女性が摂取したいイソフラボンの量をカバーできるらしい
です。

 

豆乳は加熱しても、栄養的には問題ないみたい。
牛乳の代わりに、豆乳を使うことでヘルシーでなおかつ、
カルシウムも多く含まれているので、女性には嬉しい事ばかりですね。

豆乳の成分

  • イソフラボン
  • 大豆サポニン
  • 大豆レシチン
  • オリゴ糖
  • カルシウム

 

 

 

その他にも、女性ホルモンを活性化させる食材が、山芋なんだそうです。

山芋は最近アンチエイジング成分が含まれているとして、注目度アップ!

 

山芋には、女性ホルモンを活性化するDHEAを作る成分、ジオスゲニンが含まれています。

女性ホルモンを活性化するだけでなく、
脂肪燃焼作用もあるらしいと、アメリカではダイエットでも注目を集めています。

山いもの成分

  • イソフラボン
  • 大豆サポニン
  • 大豆レシチン
  • カルシウム
  • ビタミンE

納豆をはじめ、ねばねば成分って体にいいとききますが、
苦手な方は、加熱するといいかもです。

ねばねばが消えますよ。

 

私的には、ねばねばって結構好きなので、
オクラと混ぜたりして、一緒に食べますがそれだけでは飽きますよね。

 

季節によって、食べ方を変えたりもするのでちょっとレシピをご紹介します。

 

 

山芋の簡単レシピ

★山芋のしょう油糀漬け(2人分)

材料・・・・山芋100g~200g

市販の醤油糀 適量

きゅうり 1本

★作り方

山芋は短冊に切ります。
キュウリも同様に薄切りをして、袋の中に一緒に入れます。
醤油糀を適量入れて、もみもみします。
(あまり多く入れると、ちょっとしょっぱいです。)

私はその後、タッパの中に移して冷蔵庫で冷やしておきます。

これで、OK!!

お酒のおつまみにもいいですよ^^

 

多めに作っても、2・3日なら大丈夫です。

 

 

★山芋のバター焼き(2人分)

材料・・・・山芋200gくらい

バター 少々

しょう油 少々

 

★作り方

山芋は、1cmくらいの熱さに切ります。
フライパンにバターをひき、山芋を両面こんがりと焼きます。

最後にしょう油を一回しで、出来上がり。
(塩とこしょうでもいいかもです)

 

簡単にできて、ほっこり美味しいですよ。

 

ぜひお試しあれ!!
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ