女性ホルモンに似た成分として大豆イソフラボンがあげられますが、
この効果って、人それぞれ見たいです。

大豆イソフラボンにもスーバーなものがあって、
それが大事みたいですよ^^

 

 

 
大豆イソフラボンで女性ホルモンを増加させる更年期障害は女性ならば、誰でも通る道。

更年期障害で悩む方は、本当に多いと思います。

 

肌も違ってきますし、心のバランスも
女性ホルモンのバランスも崩れていきます。

 

で、注目されているのは、大豆イソフラボンね。

 

大豆イソフラボンって、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをしますし、
肌の新陳代謝を促して更年期障害には効果あり・・・
なんて、以前の記事でもまとめてありますので、参考に読んでみてくださいね。
女性ホルモンの増やし方食べ物をうまく利用する

 

ただ、最近ではこの大豆イソフラボンの効果を得られる人と、
得られない人がいることが分かったんですって。

 

その正体は、スーパーイソフラボン「エクオール」にありだそうです。

 

スーバーイソフラボン「エクオール」の働きについて。

更年期障害に効果があるとして、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするのが、大豆イソフラボン。

 

ですが、スーパーな感じでやっぱり女性ホルモンに似た働きをする成分として、
発見されたのが、「エクオール」なんですって。

 

このエクオールは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、
腸内菌の力を借りて変換されることによって、生成されるらしいです。

 

エクオールは、ホルモンバランスを整えるという働き、
つまり更年期障害の症状の緩和だけでなく、骨粗しょう症や高血圧による、
生活習慣病にも効果が期待されているみたいです。

 

ですがこのエクオールを生成するためには、腸内菌が必要不可欠。

 

この腸内菌って誰もがもっているわけではなく、日本人では2人に1人しか
持っていないことが分かったそうです。

 

更年期症状の比較的軽い方は、この腸内菌が自然に作られる人ってことになります。
症状が重い方は、腸内菌が作られない方ってことですね。

 

大豆イソフラボンは、肌にも体にもいいので、
食物から摂取するのはいいのですが、このスーパーイソフラボン「エクオール」を、
更に生成しなければなかなか効果が得られないということです。

 

腸内菌など足りないモノは、やっぱりサプリメインなどで、
補って、さらに大豆イソフラボンを摂取するというのが女性ホルモンには、
いいみたいです。

 

私は比較的更年期の症状が軽かったので、(発汗とかのぼせは続いていますが・・・)更年期用のサプリメントなどは飲んではいませんが、
スムージーと一緒になるべく豆乳を合わせたりしてイソフラボンを摂取するようにしています。

 

少しでも、なんか重いなーと感じたら、専門医(婦人科ですよ)に相談しつつ、
改善をした方が、いいかと思います。

 

大豆イソフラボンのエクオールの成分も、症状緩和の一つです。
知っておくといいかもですね。

 

 

こちらのサイトにもっと詳しく書かれていますので、参考にしてみて!!
食生活で更年期症状ケア

 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ