女性ホルモンとは?という問いに、結構これは難関ねって思いました。
でも女性ホルモンのことについて知ることは、
加齢による減少やお肌・体のことについて知ることでもあるんですね。

 

40歳を過ぎると、誰でも体やお肌のお悩みが増えてきます。

これ当然なことなので、ちょっと女性ホルモンのことを調べてみました。

 

 

女性ホルモンは、美人ホルモンとブスホルモンでできている。

女性ホルモンは2種類あります。

エストロゲンプロゲステロン

 

エストロゲンというのは、(ちょっと聞いたことがあるかもしれませんが・・・)
美人ホルモンといわれ、美肌や髪の毛、体を丸美を帯びるような体形は、
このエストロゲンの分泌が活発なためでもあります。

 

一方で、ブスホルモンといわれるプロゲステロンは、主に黄体から分泌され、
排卵から月経前に多く分泌されるホルモンです。

 

このブスホルモンと呼ばれるプロゲステロンは、子宮の環境を整え、
妊娠に向けての準備をする大切な役割を果たすホルモンです。

 

この2種類のホルモンからできている女性ホルモンは、思春期から分泌され始め、
成人期に分泌量は安定します。
それから徐々に女性ホルモンの量が減少し、いわゆるプレ更年期に入っていく
といった感じです。

 

お肌の調子が悪くなるのも、体の調子がちょっとね・・・
となるのも、この女性ホルモンの減少に原因があるんですね。

 

 

女性ホルモンの一生分の分泌量って知ってます?

女性ホルモンは、美容と健康を支えるものですが、
一生に分泌される量って、たったのティースプーン一杯分くらいなんだそうです。

 

少なっ・・・って感じですよね。

 

それも、45歳を過ぎるとその分泌量もがくんと減少していき、
閉経を迎えると、その分泌はストップします。
その関係で、ハリ・ツヤが急になくなったり、
乾燥するようになるのは、女性ホルモンの分泌が減少するためです。

これは表面上の変化だけでなく、裏では女性ホルモンをはじめ、
コラーゲンが少なくなったり、水分蒸散量が多くなったり、皮脂量も減少していきます。

本当になんかトラブルが多くなりますね。

加齢のための、肌トラブルなので、皮膚科に通う方もいらっしゃると聞きます。

これは、まったくもって、間違いの元です。

自分の体と向き合うのも、
40代からの仕事として考えましょう。

女性ホルモンの力で、美肌や健康を維持してきていても、
やっぱり45歳を過ぎると、エイジングケアも必要となってきます。

そのためにも、体のことをよく知ることもとっても大事。

女性ホルモンのことや、更年期のことを知ることで、
あきらめない体や肌の作り方を、学びたいものです。
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ