更年期に入ると、どうしても女性ホルモンの低下が気になります。
っていうか、女性ホルモンは低下する一方です。

女性ホルモンは、体の潤いを保ちますよね。
やっぱり低下すると、体全体が乾燥してくるみたいです。

 

 

ドライマウスっていうのは、どういうことかというと、
唾液の量が少なくなることで起きる症状見たいです。

 

唾液の分泌は、自律神経がコントロールしているので、女性ホルモンが低下すると
自律神経も乱れてきます。

女性ホルモンは皮膚粘膜を保護して潤いを保つ働きがあります。
ですから、更年期になるとドライマウスも増えてくるということです。

 
女性ホルモンとドライマウス

お口健康情報ナビ より、画像をお借りしました。

 

お口の健康もそうですが、女性ホルモンの低下による症状として、

  • 糖尿病
  • 骨粗しょう症
  • 虫歯
  • 歯周病

などの症状が出る方もいらっしゃるそうです。

 

ただ、いまだドライマウスの原因は、はっきりしないことも多いそうです。
ですが、なにかの病気でない限り女性に多い原因としては、
更年期を迎え、女性ホルモンが急激に減って起こる症状だともいえるそうです。

ドライマウスの原因が解れば、ケアをすればある程度改善するそうなので、
しっかりと原因をさぐってケアをしていきましょう。

 
 
 

ドライマウスチェックとケア

ドライマウスのチェックできるものを探しましたで、
ちょっとチェックしてみてください。
 
 
ドライマウスチェック
Ran’s Storyさまよりお借りしました。

1項目でも当てはまると、ドライマウスの可能性があるみたいです。

 

ドライマウスのケアとしては、まず原因を理解すると、
結構安心するものですよね。
それだけでも唾液は出やすくなるみたいです。

リラックスすると唾液量が増えるそうです。

原因が解らない・・・というだけで、悩んでしまったりストレスを抱えたりすること自体が、さらにドライマウスを加速させるみたいです。

 

あとは、ガムなどを噛むという行為で、唾液を増やすという方法もあるそうです。

 

ただドライマウスの乾きは、のどが渇いた―っていうのとは違って、
潤いが足りないということ。

ここでも、カギとなるのは、潤いなんですね。

なので、唾液の代わりとなる保湿剤を使うと効果的みたいです。
 

他には、やっぱり日常生活の改善ということもあります。
規則正しい生活を送り、食事のときはよく噛んで食べるということ。
それから、リラックスタイムを作るなどして、
心と体を健康に保つことが基本だそうです。

 

 

年齢とともに、いろんなところが乾いてくんですね^^
お肌の乾きだけでなく、他の体全体のケアも心掛けたいです。
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ