20代・30代でもシミの悩みを抱えている方もいますが、
45歳以上になると、ちょっと深刻になっていきますね。
私も20代・30代の頃なんて、紫外線対策なんて全然していなかったし、
ガツーンと焼いていたので、そのツケが今のシミになっています。
 
シミの種類と正しいUVケアを知ることって、本当に大事ね。
 

 
 
UVの種類

UV(紫外線)には、UVAとUVBがあるんですね。
知っているようで、あまり知らなかった・・・

 

それぞれ、違う紫外線がいつも降り注いでいるわけね。

 

UV-A UVーB
UVAはエネルギーが弱いけれども、
じわじわ肌の真皮にまで到達し、ダメージを与えて老化を促進します。
曇っている時でも、照射量に加減なし。
UVBは、エネルギーが強く、B波があたると表皮細胞から情報伝達物質が分泌され、メラノサイトのスイッチをオンにしてしまいます。
情報伝達物質が届くと、メラノサイト内でメラニン色素の生成がはじまります。

 

紫外線によって、細胞のDNAが傷づくのでダメージがどんどん蓄積
されることに。

シミと紫外線の関係性は、大きいわけね。

 

シミの種類とメカニズム

日光を浴びると、肌を守ろうとしてメラニン色素が作られるんですが、
繰り返し紫外線を浴びることによって、メラノサイトの数が増え、
シミができやすくなる・・・これがシミのメカニズム。

 

シミの種類は大まかに分けると4種類です。

老人性色素斑 日焼けの積み重ねによって出来るシミのこと。
頬骨の高い位置からできはじめ、丸いシミになります。
出来初めは薄い茶色ですが、次第に濃くはっきりしていきます。
炎症性色素斑 ニキビや傷などで起こった炎症がシミになったもの。
頬からアゴに書けてできるニキビは、色素沈着しやすく紫外線によって悪化します。
長引くときは、皮膚科で相談をした方がいいかも。
肝斑 30代~40代の女性で、頬骨の高い位置に左右対称にできるのが肝斑。
ホルモンバランスの乱れが影響しています。
美白コスメでのケアは有効です。
脂漏性角化症 シミがイボのように盛り上がっているモノ。
加齢や紫外線が影響して出来ています。
色は褐色~黒色で、手の甲にできるポツポツはこのシミである場合もあり。

 

紫外線が原因で老人性色斑の中でも、輪郭のないうっすらしたものであれば、
コスメで薄くするのが可能らしいです。

ですが、輪郭がくっりきりしているものは完全に定着しているシミなので、
化粧品のお手入れだけでは、なかなか難しいらしいです。

また、脂漏性角化症も皮膚構造の変化によるものなので、
美白コスメでは、効果はないみたい。

すごーく気になるようであれば、レーザー治療などできれいにできるので、
検討するのもいいかも。

 

シミが消えただけ、心が元気になったり、気分が明るくなるのであれば、
私的にはこういう治療はいいと思っています。
ただ、負担を感じるのであればやめたほうがいいですね。

 

UVケアとシミ対策

人は毎日紫外線を浴びているので、肌の内部のメラニンも、
一年中活動しているわけですね。

なので、ここは美白コスメの出番かも?

肌の中でメラニン色素が生成されるのを押さえるのが美白成分です。

美白成分には、医薬部外指定のものもたくさんあるようです。

なので、コスメを選ぶときも、パッケージに【美白】っぽい感じに書かれているモノ
だけでなく、成分もしっかり確認してから選ぶといいですね。

 

それと、美白コスメは紫外線が強い季節だけでよいということはありません。
一年中使うのが基本的なことらしいです。

美白を消すということと、予防するということにも
力を入れていきましょう。

 

すぐに効果が出るものもあれば、時間がかかるのが美白コスメですので、
コスパを考えて、信頼できる1本を長く使い続けることが、
美白・シミ対策の一つでもありますし、また食べ物でもビタミンA・Cなどを
補うようにすると、内部から外部からの対策にもなりますね。
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ