紫外線量は、2月ごろから夏にかけて加速していきます。
今浴びた紫外線は、将来シミ・しわの原因となるらしいです。

 

 

uvseason

まだ日差しが柔らかい春先だからと、油断は禁物です。

紫外線を浴び続けると、
お肌の中ではとんでもないことになっています。

 

ナチュラルウェブさんから、お借りしました。

 

2月から紫外線量は増えていきます。
そして、夏場に向けて一気に加速していきます。

 

若い時には、気にならなかった日焼けも、
実は将来のシミ・しわ・たるみの原因となっているわけです。

 

紫外線を浴び続けると、お肌のなかのメラニンはどんどん蓄積されていきます。

 

反対に、この季節のお肌の色は一年の中で最も明るい状態です。
(キレイな状態ということです)
その明るい肌に降り注ぐ紫外線は、肌の奥まで達していきます。

 

どういうことかというと、真皮でメラニンの生成を促進させるということです。

 

蓄積されたメラニンは、肌の中で成長してやがては、
シミ・しわ・くすみへと発達するわけです。(こわーいです)

 

もっと恐ろしいことに、日焼けした肌に比べて、
明るい肌は、紫外線のダメージを受けやすいもの。
紫外線はメラニンの生成だけでなく、コラーゲンまでも破壊します。

よって、シミ・しわたるみなどの「老け顔」要因となります。

 

この時期からの、紫外線対策は若見え肌をキープするためにも必須です。

 

知っておっくべきUVケア

UVケアをしっかりしています!
自信を持って言えますか?

ただ、「日焼け止め」を塗っているだけでは、実はカバーしきれません。

 

お肌を守るためには、知っておくべき常識を覚えておきましょう。

 

日焼け止めは保湿タイプがいい!

紫外線のダメージは、シミをつくるだけでなく、肌の中の水分を奪ってしまいます。
水分が奪われたら、今までハリがあったお肌も、風船のようにしぼんだ状態になり、
それがやがてシワの原因にもなります。

十分保湿を出来るように、コラーゲンなどが配合された、
保湿タイプを選びましょう。

 

 

SPFの数字が大きければいいってもんじゃない!

よく聞くSPFの数値とは、紫外線による炎症を防ぐ時間の目安を表したもの。

この数値が大きければ、効果が高いというものではありません。
高すぎるものは、界面活性剤などの成分が含まれている場合もあるので、
肌への刺激が強いということも。

日常生活の中で使うのであれば、SPF20~35程度がいいかもです。

 

 

日焼け止めのつける量って、どれくらい?

日焼け止めは、やっぱり量もどれくらいなんでしょう?

多少大目、っていうか多いくらいが丁度いいです。
なぜならSPFの効果を活かすには、「厚塗り」がベスト。

1シーズン1本使い切るくらいを目安に、たっぷり使いましょう。(ケチらないこと)

そのため、重ね塗りをしても白浮きしないアイテムを選ぶといいですよ。

 

塗ったつもりじゃーダメざんす。

日焼け止め「しっかり塗ったつもり・・・」ではだめです。
実をとしがちな部分、特にフェイスラインや生え際はついつい忘れがちです。

そのままにしておくと、あとでシミが・・・・っていうこともありますね。

そういうことにならないように、塗り忘れゾーンを意識して、
細部までしっかり日焼け止めを塗りましょう。

 

こまめにメイク直しは必須です。

日焼け止めは、できれば2時間おきに塗りなおすのがベストです。

でも、外出先など塗り直しが難しい場合の方がおおいかも。
そんなときは、UVカット入りのパウダーなどをこまめに塗りましょう。
メイクがくずれると、紫外線対策の効果は半減してしまいます。

 

秋からのいや、来年からのブサイクな肌にならないように、
ファンデーションやパウダーで、紫外線をしっかりガードしていきましょう。
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ