つい先日うっかり日焼け止めを忘れて焼けてしまった・・・
今年こそは、焼かない・UVケアだ!!って張り切っていたのに・・・
まったくもって、塗り忘れ!!

そんな経験ありません?

 

 

日焼け止めを塗り忘れ

うっかり日焼け止めを塗り忘れた・・・
毎日のように、今年は早めにケアをしていたので、本当にショックでした。

 

 

 

紫外線の量は、2月からどんどん増え始めています。
だから、UVクリームを今年はちゃんとチョイスして、準備万端!!って
思っていたのに、やってしまった・・・塗り忘れ!!

紫外線量はどんどん増えて、7月・8月にはピークを迎えますが、
最近は、気候の変動が大きいので、データも役に立つのかどうかも
定かではありませんよね。

 

紫外線量のことは、前の記事でも書いているので、
良かったら参考にしてくださいね。
紫外線量は加速するシミ・しわの原因になる?

 

顔は、日焼け止めが入っている化粧下地とファンデーションを使っているし、
パウダーにもUV効果のあるものを付けている。

髪をアップにしているから、首回りは念入りにしかも耳の後ろは、
塗り忘れが多いため、忘れないようにしっかり日焼け止めを塗っていた・・・・

 

それなのに、忘れていた・・・・
鎖骨の下の方、前の首回りね・・・

本当にうっかりです。

 

赤くなってしまった・・・・・・

 

うっかり日焼けのアフターケアーこれ大事なので、しっかりやっていきましょう。

 

日焼けしてしまった後のケアはどうすれば?

日焼けは、一種のやけどと同じです。
そのままにしていると、色素沈着を起こしやすくメラニンの生成も増えていきます。

なので、まず日焼けした部分のケアをしっかりしておくことが肝心。

 

パッティングをしながら冷やします。

日焼けのケアに必要なのは、冷却と水分の補給です。

一刻も早く冷却してあげるといいです。
冷たい水で冷やしたり、冷たいタオルでまずは冷却・パッティングをしたりしながら冷やしましょう。
ここはしっかりやったほうが、いいらしいです。

その後水分補給です。
化粧水をコットンやティッシュに多めに含ませれて、その上から、
ラップなどで、覆ってあげます。

お顔の場合は、シートパックなどが効果出来ですが、その他の場合は、
この方法が一番いいです。

 

レジャーなどで、日焼けした場合は体も一緒につかれています。
ただ、冷却も水分補給もしないまま、休んでしまうと後が大変。

 

皮膚の表面が剥がれてきたり、その剥がれた場所から水分がどんどん抜けてしまって、脱水症状が起こる可能性も。

 

夏場では、熱中症・熱射病が増えてきますが日焼けもまた、
ケアなしでいると発症しやすくなるみたいです。

肌だけでなく、健康も損ねるということになるのでしっかりケアしていきましょう。

 

私の場合は、ワンピースの後がくっきりしてしまったので、
その夜は化粧水をやっぱり貼りつけて、上からしばらくラップしておきました。

 

とほほ・・・・

となってしまったので、それからまず真っ先に首全体に日焼け止めを塗っています。

 

日焼け止めの塗り忘れには、ご用心!!

 
  
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ