紫外線対策って、実は一年中を通して必要なんだそうです。
なぜならば、紫外線っていつでも降り注いでいますよね。
 

では、じーっと部屋の中にいる方にとって日焼け止めや、
紫外線対策って、必要のかしら?

 

 

紫外線料って、2月から徐々に増え始め7月・8月にはピークを迎えるといいますよね。
だから、2月頃から紫外線対策はとっておいた方がいいわけ。

 

外出時は、紫外線対策としてUVクリームなどを塗ったり、
洋服や防止などで対策をしていても、室内って案外忘れがちですよね。

 

実は室内でも、紫外線が忍び寄っているらしい。
 

家事以外では、外出しないから大丈夫と思っていても、
実はガラス窓などを通して、紫外線は入ってきます。
紫外線防止ガラスや、フィルムなどを使っている方でも要注意。
 

うっかり日焼けをガードしていく必要があるんです。
 

お部屋にいても目に見えない日焼けをするそうですよ。

 

しかも、プレ更年期のなったただ中にる45歳以上は、
外の紫外線や今後上昇する気温、室内外の温度差などで
お肌のトラブルが発生しやすくなります。

これが、肌老化を加速させることに。
そうでなくても、女性ホルモンの減少によって、
お肌の水分・コラーゲンなどが減っていて乾燥した肌になっている状態。

 

45歳からは、
紫外線ケア+乾燥からも肌を守っていきましょう。

 

 

紫外線の種類 A波・B波

紫外線のA波というのは、年間を通して浴びている紫外線のこと
(生活紫外線とも言います)
このA波は、肌の奥まで届き真皮のコラーゲンを壊していきます。
これによって、しわ・たるみの原因を引き起こしていきます。
 
紫外線B波は、強い日差しによって日焼けを起こす紫外線のこと(レジャー紫外線)
こちらは、肌の表面のメラニンを生成してしみ・乾燥の原因になります。

 

いままでは、B波中心に考えられてきた紫外線対策ですが、
A波もまた肌トラブルの原因となるらしく、同じような対策が必要になってきて、
A波をカットするPA、B波をカットするSPAという感じで、
化粧品などに表示されています。

 

 

室内の日焼け対策

室内での紫外線は、A波の紫外線が強い場合が多いです。
ですが、季節によって、B波のように日焼けをしてしまうこともあります。
 
45歳を過ぎた方は、A波・B波を両方カット出来るような、
UVケアが必要になりますね。
 

お肌の乾燥を守りながら、紫外線対策を行なっていく方がいいですよね。

 

※PAは、+が多いほど効果があるということ。
SPAは、数字が多いほど効果がありますが、あまり高すぎると、
刺激が強いです。通常は、20〜30くらいがいいとされています。

 

 

日焼け止めの効果的な塗り方とは?

室内での紫外線を予防するには、外出時と同じでいい?
誰でも疑問を感じるところですよね。

 
室内にいる方が多いという方は、UVクリームなどを塗り、
ファンデーションも塗った方が良いと思います。
ファンデーションも、UVカットの成分が含まれているものを、選ぶと良いですね。

 
一日に1・2回で大丈夫みたいです。

 
乾いたなーと思ったら、今やUVミスとなんかがあるみたいなので、
手軽な感じのものを、シューってした方がいいですね。

 

うっかり日焼けは、室内にいる時の方が多いです。
もっと効果的な日焼け止め対策には、新常識のサプリがおススメ!!

紫外線から全身を守ってくれるし、
なおかつ、美白・美肌効果が高い、植物由来の成分で出来た日焼け止めサプリがあります。
コチラに書いてありますので、参考に読んでみてくださいね。
⇒ 飲む日焼け止めが常識になる?ホワイトヴェール の効果は?
 
UVクリームを塗るより簡単!!
サプリは、食品なので副作用もないですよ^^
お手軽なので、続けられそうですよね?
 

室内に入るからといって油断をしたら、あとで大変。
そう出なくても、今までに蓄積された紫外線などのダメージがあるのですから、
肌の老け感に影響を与えます。

 

今だけでなく、紫外線対策は毎日の習慣にするといいですね^^

 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ