紫外線が強くなる前に、やっておきたいことは、
お肌の角質を除去しておくことかも?

年齢を重ねると、お肌のターンオーバーも乱れてきます。
角質除去と日常生活の改善をしてターンオーバーを正常に近づけるように
しておきましょう。

 

 

角質肥厚

お肌の表面一番上にあるのが、
角質です。(体の場合も一緒です)

この角質は、体を外部から守る役割を
しています。

 

だからと言って、厚い方がいいのかっていうと
そうではないらしい。

 

 

なぜならば、人間の肌は、新陳代謝によって、毎日生まれ変わっています。
基底層で新しい細胞として生まれ変わった角質細胞が、上に上にと上がってきて、
やがて、新しい角質として肌の表面に表れます。

 

年齢が進むと、新陳代謝も悪くなりターンオーバーも崩れてくるんですよね。

 

ターンオーバーとは・・・・

ターンオーバー

お肌の角質が生まれ変わる周期のことです。

大体28日周期で、角質細胞が生まれ変わります。
健康なお肌の場合は、自然に古い角質が剥がれるそうです。

 

このターンオーバーがうまく進まず、古い角質が肌に残ってしまうと、
その部分の角質が厚くなりますよね。
これを角質肥厚といいます。

 

この角質肥厚のお肌に紫外線を浴びることによって、
シミやたるみ・くすみなどの原因となってくるわけですね。
以前にもまとめてありますので、よかったら参考にお読みくださいね。
紫外線量は加速するシミ・しわの原因になる?

 

メラニンとは、お肌の色の要素の1つです。
メラニンは紫外線からお肌を守るという役割をしています。
なので、メラニンは紫外線がキターって感じたらメラニン色素を生成して、
紫外線から、表皮を守ってくれる大事な働きをしてれます。

 

ですが、メラニンが過剰に生成されるとシミとなって表皮に残ります。

 

ターンオーバーが整っている場合は、メラニンも角質も古くなったものは、
自然に剥がれ落ちていくんですが、乾燥がすすむ年齢になると、
このターンオーバーが遅くなり角質もメラニン色素も残ってしまいます。

結果、シミやくすみ・小じわの原因になってしまうんです。(こわーいっ!!)

 

 

ターンオーバーは正常に戻せるのか?

ターンオーバーって、年を重ねると正常に戻せるのかしら?
 
更年期に突入している40歳以上は、コラーゲンの減少・女性ホルモンの減少により、
乾燥肌になりがちです。
 

角質を放置しておくと、紫外線を浴びる季節になると、
更に角質肥厚を悪化させ、メラニンの生成を高めてしまいます。

 

それだけターンオーバーの乱れの原因になります。
今からでもあきらめずに、改善できることはやっていきましょう。

 

古い角質を除去しましょう。

古い角質やゴワつきを除去するためには、ピーリングなどがおススメです。
固い表皮には、水分も潤いも表皮の基底層には届きません。
基本は、クレンジング・洗顔の見直しと、水分補給です。
シンデレラ・ゴールデンタイム(肌の生成が活発になる時間 22時~午前2時)
までに、一日の汚れを落としましょう。

 

紫外線対策もしっかりね。

紫外線対策(UVケア)は、気にしている方も多いはずですよね。
紫外線によって、表皮が傷つけられるとますます角質肥厚が進みます。
UVケアは、お部屋の中にいても必要ですよ^^
念入りに行っていきましょう。

 

規則正しい生活習慣

お肌のターンオーバーは、人間にはコントロールできませんし、
日常生活のストレスや栄養不足など、生活習慣が乱れていると、
またターンオーバーの乱れを生む原因ともなります。

生活習慣の改善や、食事の方法なども少しづつでも見直していくことが
近道かも。

 

 

ターンオーバーをなるべく正常に戻して、
新しい素肌を取り戻すように、スキンケアも日常生活も、
見直していくといいですよね^^(あまりストレスも溜めこまないように・・・・)
 

 

ダメージを受けた細胞を洗い流す
「海の酵素」配合シミ取りクリームはおススメ!

シミも傷跡も、ターンオーバーを戻して、クリアな肌に導きます。
⇒ 【ブライトニングフォーミュラ】

 

 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ