肌のくすみよりもシミがとっても気になる今日この頃ですが、
美白効果が大といわれるハイドロキノン。

そんなにいいのか?でもちょっと心配事は副作用だったりします。

 

 

 

ハイドロキノンの美白効果大でも副作用が心配

お肌を気にしていると、毎日鏡をじーっと見てしまいますよね。

 

やっぱりなー、ちょっと気になる肝斑らしき
シミと、老人性のシミ。

まーこの年になると、両方ってところか?

 

美白効果が高いといわれる成分の中に、ハイドロキノンというのがあります。

ビタミンC誘導体とかも美白成分としては有名ですが、
このハイドロキノン。

本当に美白効果は高いのでしょうか?

 

ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、紫外線によるメラニン色素の生成を抑える効果が高い成分です。
肌の漂白剤・美白剤として厚生労働省が使用を認めた成分なので、
人気が高くなり注目を集め、化粧品に使われるようなったそうです。

シミの種類や原因などは、以前の記事にもまとめてありますので、
参考に読んでみてくださいね。
美肌を悩ますシミの種類と正しいUVケアを続けましょう。

 

ハイドロキノンは強い成分なので、シミの周りにハイドロキノンを塗ったりすると、
その部分のメラノサイトの数が減少し、シミできにくくなるなしいです。

今最も、美白出来る成分として注目されているんですが、
肌が弱い方にとっては、やばいみたいです。

 

ハイドロキノンの副作用とは?

ハイドロキノンは、高濃度のものをつけすぎると、
その部分だけ、白く色が抜けたようになるみたいです。
(ほら、いろいろ問題になったりしたでしょう?)

ただ、これは皮膚科で処方された場合のことらしいですね。
(クリームとかを塗る場合です。)

 

ハイドロキノンを、部分的に使うとその部分のみ白斑状態になる可能性も・・・
全体に塗りのばせば、大丈夫みたいです。

今ハイドロキノンの入った化粧品は、ハイドロキノンの濃度は薄いらしいので、
使い方を間違えずに、適量だったら副作業もないみたいです。

 

ハイドロキノンを塗ったらば、UVケアを怠らない!!

ハイドロキノンを使用している場合、必ずUVケア(紫外線対策)
を行うことだそうです。

ハイドロキノンは、濃度によるみたいですが、肌の内部に入りやすく、
紫外線対策を行わないと、その部分だけ炎症を起こすみたいです。

紫外線対策は、毎日のことですからしっかりやっていきましょう。

 

ハイドロキノンは、皮膚科で専門医から処方してもらいましょう。

ハイドロキノンは、高濃度の劇薬ともいえるものです。

専門医(皮膚科)の指導モノと、使用するのが一番安全。

つけすぎたりすると、取り返しがつかないことにもなりかねません。
化粧品の成分にも含まれているものが、最近はありますが、
お試しがあるのであれば、試してから使う方がいいですね。

 

とにもかくにも、美白は1日にして成らず。
 
 

焦らず、じっくり戦っていきましょう。
 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ