ケミカル化粧品って、本当に肌にわるいのかしら?
メリットも少ないのかな?
最近特に考えるようになりました。

 

ケミカル化粧品から、ノンケミカルへチェンジっていう方、
最近増えてきているように思います。
私もオーガニックへ変えようか?って思っているので、年齢を重ねてくると、
お肌へのいたわりもあるのかしらね?

 

 

 

ケミカル化粧品肌に悪いのか?ノンケミカルを考えた時に、
ケミカル商品って本当はなんだ?
っていうことを考えたわけです。

 

ケミカル商品とは?
一般的に販売されている化粧品がケミカル化粧品
というのだそうです。

 

基本的に何が違うのか?
なんと、キレイの仕組みが違うらしいです。

キレイの仕組みっていうか、定義って感じでしょうかね。
成分も違いがたくさんありますね。

 

ケミカル化粧品のキレイの定義というのは、表面上潤った感じ(?)とか、
つるつるする感じ(?)とか化粧品がキレイを作り出すイメージです。

 

オーガニックやノンケミカルのキレイの定義は、お肌を自分でうるおしていく、
自然の力をサポートするというイメージです。

 

 

 

ケミカル化粧品のメリットとは?

ケミカル化粧品のメリットは、安価で購入できるという点ね。

無添加やオーガニックっていうと、手間暇もかかるしコストもかかる。
だから比較的高額な商品といえるかも?
(でも、最近は大差ないような商品もありますよね・・・)

それに、配合させれている成分によっては、お肌ツルツルっていう効果が
すぐに実感できるということ。

オーガニックなどの場合は、自分の肌の治癒力を高めていくので、
人によっては、時間がかかるのかもしれませんね。

 

いずれにせよ、オーガニックもケミカル化粧品も使う本人が気に入ったものが、
一番いいのですが、お肌との相性もあります。

 

それに、オーガニックが一番!!って言う考え方も、
どうかと思いますし、あまり考えすぎるとこれまたストレスになって、
(ストレスって、お肌には大敵ね!)またいろいろ化粧品漬けの毎日になってしまいますよね。

あーこれ気持ちいい!!

 

っていうのは、脳の働きにも女性ホルモンにもいいので、
気持ちよく使えるスキンケアに出会うことが一番かもね。
 
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ