だんだん暑くなると、お手入れもどうしていいか気になりません?
お風呂上りって汗かくでしょう?
どのタイミングで、スキンケアをすればいいのでしょう?

 

夏の肌のお手入れお風呂上りでも保湿が重要

若い頃って、夏になっても顔から汗なんて
かかない人だったんです、私。

 

更年期に突入したころから、汗をばーっとかくようになって、なかなか収まらない。

 

特に夏場、お風呂上りの後は、どのタイミングで、
スキンケアをしたらいいのか?っていつも考えていたんですね。

 

汗が引くのを待つと、乾燥しそうだし・・・・
かといって、すぐに化粧水などを塗っても汗で流れてしまいそうでしょう?

 

夏のお肌のお手入れって、ちょっと大変ねーっという経験をした方は多いはずです。

 

実はいろいろ調べていると、汗が出ていて、一見しっとりしている肌でも
実はとっても乾燥しているみたいです。

だから保湿ケアは絶対に必要ね。

 

あとは、スキンケアのタイミングを間違えないようにしなければ・・・・

 

体温を下げて、スキンケアを実行する。

お風呂上りって、毛穴がひらいているので、
スキンケアには、とってもいい状態。

でもここでやっていけないことがあるみたい。

汗がふき出ている状態で、化粧水をつけない!!

汗が出ている状態で化粧水などを塗ることは、
絶対にしてはいけません。

汗と化粧水が混じることで、肌にダメージを与えかねないみたい。

しかも、汗が出ている状態だと、浸透力も低下するそうです。

 

素早く汗をひかせること!

体温を下げる方法として一番いいのは、水で湿らせたタオルと首筋にあてることね。
これ、熱中症予防にも効くんですが、首やワキの下に冷たいタオルを当てることで、
体温の上昇を抑える効果があります。

お風呂に入る前に、冷蔵庫にタオルを冷やしておくといいですよね。
お風呂上りの下準備っていうところかしら。

首やワキ以外でも、ひじの内側などの血管が肌から透けて見える部分を冷やすと、
体温を下げるのに効果的みたいです。

 

汗をひいた後で、たっぷりの水分を肌に浸透させ、美容液・クリームなども、
しっかりつけたほうが、効果的です。

 

暑い季節だからといって、化粧品などを冷蔵庫に保管する方もいますが、
実は、冷くなるだけで効果はそれほどないらしいです。

 

化粧品は、常温保存設定ということになっているので、
冷蔵庫に保管してもいいですが、そのままつけると、毛穴が閉じてしまって、
かえって浸透が悪くなります。

化粧水を付けるときは、いったん手の平で常温に戻してから、
使うのが効果的ですよ。

 

年齢肌には、どの季節でも乾燥だけは防がなければ、
シミ・シワ・たるみの原因となります。

暑い季節ほど、気を抜かずお手入れをしていきましょう。
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ