実は、乾燥肌と敏感肌って同じなんだってご存知でしたか?

乾燥肌は、もちろんカサカサ状態のお肌のことですが、
その乾燥肌の悪化やストレスで肌のトラブルが起こりやすい状態を、
敏感肌っていうらしいです。

 

 

乾燥肌になりやすい原因として、紫外線と水分・皮脂の減少がいえますね。
潤い・保湿が足りなくなると、お肌はカサカサしてきますよね。

 

乾燥肌・敏感肌の原因

乾燥肌・敏感肌の原因として考えられるものは、
こんな感じではないですか?

  • 季節による乾燥
  • 入浴後の乾燥
  • ストレスによるもの
  • 栄養不足(食事の偏り)

 

季節によるお肌の乾燥は、冬場の乾いた空気が原因。
皮膚(肌)は、外気の影響が特に受けやすいといわれます。

冬から春・夏にかけては紫外線の影響でダメージは蓄積され、
肌がどんどん老けていくそうです。

 

入浴後のお肌は、20分~30分の間に、入浴前よりも乾いている状態
「過乾燥」となるそうです。
入浴前の健康な肌は、角質層が重なった状態なのですが、
入浴時になると、体を洗いながら擦ることで、角質層が傷つき
うるおい成分が溶け出していくみたい。

 

その状態でお湯につかることによって、角質は水分を含み膨張し、
うるおい成分がさらに溶けやすい状態になるそうです。
これじゃー、カサカサになるに決まっていますよね。

 

更にストレス状態になると、自律神経が不安定になり、
血行不良・腸の働きも低下したり、お肌のトラブルの原因ともなりやすいです。

 

不規則が続くと、栄養不足となるのも当たり前。
肌にとっても、いい栄養素を含む食事がなかなか摂取できないですよね。
お肌のうるおい成分にいい食材は、ビタミンA。
ビタミンAは、皮脂をコントロールして、肌のうるおいを保つそうです。

 

乾燥肌・敏感肌を改善する方法

乾燥肌は、水分の蒸発を防いでいる角質層と、角質層の保護している皮脂膜の衰え。

それによって、顔だけでなく体全体の水分量が低下しているわけです。

「水分」と「皮脂」のバランスが崩れ、乾燥肌もひどくなると、
過乾燥肌・敏感肌となってしまいます。

 

ひどい場合は、専門医に相談したほうがいいと思いますが、
小さいことなら、自宅でも充分出来るはず。

 

若い頃なら、女性ホルモンも活発だし、手を抜いても取り返しがつきますが、
40歳すぎたら、あきらめてしまいがちです。
でも、まだまだこれからです。

 

お家で出来る、スキンケアで乾燥肌をうるうる肌に変えていきましょう。

 

お肌の保湿を怠らない。

お肌の保湿は、女性ホルモンが低下するにしたがって、どんどん奪われていきます。
なので、保湿力の高い化粧品に変えることです。

若い方用のオールインワンとかは、物足りなくなります。
使うのであれば、美容液は必要ね。

うるうる肌十分な保湿をしてあげると、
お肌がだんだん柔らかくなりますよ。

 

 

 

 

洗顔を見直して、清潔に・・・

いままでの洗顔を見直して、お肌を清潔にしてからの、保湿が大事です。
冬場だけ、夏場だけのスキンケアはもうダメね。

お肌も老化するのだから、それなりにいたわらないと・・・・

今のお肌を若見え肌にするためには、洗顔の方法と、
洗顔フォームを改善してみましょう。

できれば、ヒアルロン酸や保湿成分が入っているものをチョイス。
皮膚の表面からの角質層への水分補給と、飛散を防ぐものに変えてみましょう。

 

乾燥しているお肌は、固い感じになっているはず。
ぷるんと若い頃のお肌を目指してみましょう。

 

紫外線は一年中、過酸化脂質を食い止める。

紫外線は、季節によって線量が違いますが、一年中浴びていることになります。
肌のダメージはもちろん、過酸化脂質が量産されることに・・・・

 

UV防止の化粧品や、ファンデーションだけでなく、
古い角質の除去もたまには必要です。

スペシャルケアを月に1回くらい取り入れると、お肌も喜ぶはずです。

 

自宅で出来る乾燥肌対策は、日々の積み重ねですが、
現状のお肌よりも、明日がいい!!
3年後・5年後・10年後の若々しいお肌を目指して、
できることから始めましょう!!

 

潤い肌も、続けることで生まれ変わるらしいです。
頑張ってお手入れしていきましょうね。

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ