肌のハリ・弾力が失われる原因の一つに加齢というのがありますが、
お金をかけずに、ハリを取り戻す方法はとっても簡単。

それは、自己流のケアを止めること!!

 

肌のハリを回復するには自己流ケアを止めることかも。

基本は、ハリ・ツヤ・プルンでしょう。

 

ですが、年齢を重ねるとどうしても避けられないのが、女性ホルモンとの関係性。

 

 

40歳を過ぎれば誰でも更年期に突入してくるので、
コラーゲン・ヒアルロン酸などの減少により、お肌のハリがだんだん無くなって、
ちょっとしぼんできますよね。

 

一番いけないのが、お肌の乾燥!!

これって、美意識が高い方ほど気にしていると思います。

 

が、美意識が強い人ほど、自己流の方法をしている方もいますよね。

念入りにケアをすればするほど、お肌の摩擦が増えているって、
知っていました?

 

そういえば・・・・と私は心当たりがありました。

洗顔もそうですが、なんかたくさん化粧品を付けていると、
その度に軽くこすっている・・・
そんな経験ありません?

実はこの「こする」という行為が、お肌を傷つけているみたいです。

 

化粧品の量は正しく使い、絶対にこすらない!!

skin-care-cosmetics自己流のマッサージもそうですが、
手で肌を直接触れるわけです。

書籍などでもマッサージの方法などを
記載しているものって多いでしょう。

 

真似をしているつもりが、
ちょっと力入っちゃって・・・

 

こする!!
(肌の摩擦ということです。)

 

肌の摩擦を続けると、肌の奥のハリや弾力を与える
コラーゲン繊維を傷つけ、コラーゲンが無くなるとハリもなくなり、
シワ・たるみを引き起こす原因になります。

 

更に肌の摩擦を繰り返すことによって、角質も傷がつき、
小さなしわが生まれます。

このシワが肌の透明感を低下させる原因にもなっているそうです。

 

原因が解れば、回復させるための手立ては解りますよね。

 

肌の摩擦(こする)は絶対にしない!

クレンジング・洗顔の時も化粧品をお肌に塗る時も、
マッサージをする時も、使用する化粧品の量はパンフレットなどに記載があるかと思いますが、その通りの量にすることをお勧めします。

マッサージをすることによって、お顔の血行促進になるし、
表情筋も鍛えることができます。
たるんだお肌も、だんだんとハリと血色がよくなっていきますよね。

化粧品は適量を指で皮膚に擦り込むのではなく、手の平で皮膚を覆う感じを
意識してなじませる。
丁寧に自分の肌を扱うことが大事です。

 

毎日のお手入れの時に、ちょっと意識するだけで、
すぐできる方法です。

 

化粧品の見直しをしても、なかなかお肌が回復していない方は、
ちょっとやってみてくださいね。
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ