私の今最大の悩みは、シミかしら?
更年期もともなって、シミなのか、肝斑なのか?
それがとっても重大な悩みになっています。
あなたはどう?

 

 

 

シミなのか肝斑なのか?40歳過ぎたら肝斑みたいです。

お肌の調子やシワなども本当は気にはなるのですが、クレンジングや洗顔などの改善で、お肌が柔らかくなって生きているので、あまり気にならなくなってきているのも事実なんですよね。

 

でも、やっぱり気になるのがシミ。

 

これ、本当は肝斑かしら?

 

シミにもいろいろな種類があることがわかって、
シミの一種に肝斑というのがあります。
※シミの種類については、ちょっと記事をまとめてありますので、
良かったら、参考にしてくださいね。
美肌を悩ますシミの種類と正しいUVケアを続けましょう。

 

美白ケアって、即効性はないので継続するしかないようです。
そりゃーそうなんですが、もしかしたら肝斑かも・・・・
って思うようになって、肝斑って本当はなんだ?って調べました。

 

肝斑の原因と症状

肝斑はシミの一種なんだそうですが、一般に日本人はこの肝斑になりやすいみたい。
そして、肌の色が浅黒い人にできやすく、30代から40代にかけて
増えていくみたいです。

 

肝斑の原因としては、女性ホルモンとの関わりもとっても多い。
そのため更年期に突入する30代~40代は、肝斑を疑うのも仕方なしって感じです。
それと、ストレスによるということも考えられるそうです。
 
更に紫外線などにより、肝斑を悪化させているということも事実なようです。
 
肝斑の症状としては、両頬、下あご、鼻の下など左右対称に地図のように
べったり見える見たいです。
 
 
肝斑は目の周りにはできにくいみたいなので、血色が悪く見えたり、
お肌がくすんで見えたりするみたいです。
そのため、肌のくすみは実は肝斑のせいっていうこともありえるみたいです。

 

肝斑は、女性ホルモンのバランスによってできるということも解っているので、
更年期が落ち着く50代には発症しないみたいですよ。
(その時のシミは、他の原因見たいです)
逆に60代になると、肝斑が治るということもあるみたいです。
 
そういえば、うちの母も肝斑ないもんなー・・・
っていうより、シミってないかも知れないくらい肌がきれいです・・・
羨ましい・・・・
 
 

肝斑の治療方法について

肝斑はシミの一種なので、シミの原因になるメラニンの生成を抑えることと、
同時に紫外線対策などが効果的。

レーザー治療や、ケミカルピーリングなどを施すというのも、
有効的とも言われています。
 
ですが内服薬で、中から治療するのが一番効果的だそうです。
 
内服薬は、その成分を血流にのって皮膚の隅々までいきわたるので、
表皮の深いところにあるメラノサイトに、より効果を発揮するみたいです。
 
 

私も今内服薬を考え中なんですが、肌を強くするっていうことも、
ちょっと考えているので、まず外側から攻めようかと・・・
 
ともかく、今年は紫外線対策をしつつ、
保湿ケアもしつつ、年齢肌を強くすることをしていこうかと思います。
 
頑張って美白・美肌になりますよ^^
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ