美肌作りのためには、まずお肌の状態を認識することなんですね。
自分の肌の水分量と皮脂のバランス
45歳を過ぎると、このバランスが大事です。

 

 

そもそも、皮脂ってあぶらっしょ?って思っていますが、
これが多いと、テカテカするんでない?
と勘違いしている方もいらっしゃるみたい。

私のお肌も、メイクをして午前中前半はいいのだけれども、
だんだんテカテカしているなーって感じるときがありました。

 

若くないから、油っ気もないはずなのに・・・・
まして、更年期に差し掛かっている状態では、水分量も皮脂も女性ホルモンも
低下・減少を始めるのに・・・

 

なぜだ?????

で、調べてみたら水分量と皮脂の関係が関わっていることが解りました。

 

皮脂がないと、乾燥する?

皮脂とは、肌の皮脂線から分泌されるものなんですって。
これが角質層にたまると、黒ずんでシミの原因になるんです。

 

ですが、若いころは女性ホルモンの分泌も活発で、皮脂量も多くなり、
ニキビの原因(青春の証よね・・・)ともなりますが、
大人の肌は、乾燥したお肌の水分バランスが崩れると皮脂が出てくるみたい。

 

皮脂は、実はとってもいい働きをしていて、皮脂膜が肌の表面を覆うことで、
外から刺激、例えば紫外線などを予防してくれるんです。

 

テカテカしているから、皮脂は要らない!というわけでなく、
皮脂があるから、肌が守られている状態なんだそうです。

 

大人の肌の場合は、女性ホルモンの低下で水分量も減ってくるので、
皮脂が肌を守ろうとして、表面に登場してくれているわけ。

 

皮脂が多いという原因は、お肌がとっても乾燥しているということ。

 

皮脂と水分量のパランスを取るのが、
皮脂とうまく付き合う方法なのかもしれません。

 
 

水分量と皮脂のバランスを改善する対策とは?

若いころの肌と違って、女性ホルモンの働きにより、
肌のうるおい成分であるコラーゲンが減少していきます。

 

それにより、お肌の水分量と皮脂のバランスが崩れていくわけですから、
乾燥肌がお肌にとって大敵となりますよね。

 

大人の肌には、大人の肌にあった化粧品に変えていくのもいいかも。

 

コラーゲンや保湿成分が入った化粧品を選ぶのも大事ですが、
その他にも、ちょっとアロマ効果(匂いですね・・)があるものもいいらしいです。

なぜならば、女性ホルモンの低下によって、イライラと心のバランスも
崩れていっています。

肌にいい成分がたくさん含まれている化粧品もありますが、
例えば、香り(匂い)が嫌いなものだと、リラックス効果は得られませんよね?

 

好きな香り、落ち着く香りとともに、スキンケアをすることが
45歳からのお肌には大事なんですってよ。

 

私もどんなにいい成分なものだといっても、匂いや香りに最近敏感になっていて、
あまりきつい香りや、好きではない香りのものは選ばないようにしています。

 

香りは人それぞれなので、好きなモノの方が効果を発揮できるらしいです。

 

乾燥肌を、うるおいのあるお肌に変えることが、
水分量と皮脂のバランスを整えるのにあたっては、近道かもしれませんね。

 

皮脂バランスのチェックの方法

皮脂量をチェックするには、洗顔後化粧水だけを塗った状態で、
5分も経たないうちにテカりだしたら、皮脂量が多かったり、
逆に乾燥してきたりしたら、バランスが崩れているかもです。

こまめにチェックをして自分の皮脂バランスを確認しましょう。
こちらのサイトを参考にしています。
皮脂とうまく付き合うには?
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ