インナードライ肌、他人ごとではないかも知れません。
若い人に多いらしいですが、肌の内側が実はカサカサ・・・・
これ私もそうかもなーって思い当たる時がありません?

 

 

インナードライの肌の方って、実は女性の8割を占めているそうですよ。
乾燥肌・オイリー肌などは聞きなれているかもしれませんが、
インナードライ肌ってどういうことかというと・・・

 

洗顔などを念入りに行っているのに、ニキビなどができやすかったり、
テカったりしている肌のことを、典型的なインナードライ肌というそうです。

スキンケアをしっかりしているのに、肌がゴワついたりキメが荒く毛穴も目立つ、
肌の調子が安定しない方は、インナードライの可能性があるかも。

 

 

インナードライ肌の原因とは?

インナードライ肌の原因は乾燥

肌は乾燥すると外からの刺激を守ろうとして、皮脂を分泌するそうです。
それによって、テカってくるらしいですね。
それをオイリー肌と勘違いして脂取りや、洗顔を数回重ねるなどすると、
もっとお肌が乾燥していくわけですね。

インナードライ肌の原因

インナードライ肌の原因と8つの対策&改善法さんからお借りしました。

そもそも、お肌の乾燥は紫外線や乾燥した空気・ストレス・間違ったスキンケア
だけでなく、ストレスからくるものや加齢などの原因で起こるもの。

 

初場は特に、汗もかきますしテカって見えるけれども、
肌の内側は、とっても乾燥している状態かもしれません。

 

そもそもインナードライは、
肌の内側の角質層の保湿機能の低下によるものです。

  • 皮脂膜
  • NMF(天然保湿因子)
  • 細胞間脂質

これら3つの角質層の乱れが、ターンオーバーのサイクルも狂いが生じるわけです。

3つの潤い層が水分量を調整しているらしく、加齢も進むとバリア機能が低下するので、余計に外側は潤っている感じでテカっているのに、内側が乾燥している
インナードライ肌の原因になります。

もしかすると、私も大人のインナードライ肌かも?????

 

インナードライ肌を改善するスキンケア

インナードライ肌を改善するには、やっぱり乾燥からお肌を守るのと同じで、
内側まで、しっかりスキンケアをすることが大事見たいですね。

 

乾燥肌の対策方法として、以前記事があるので、
ちょっと参考に読んでみてくださいね。
乾燥肌と敏感肌は同じ?原因と対策方法とは

 

お肌のインナードライチェック!

内側の乾燥(インナードライ)は、なかなか気づくモノではないみたいです。
自分のお肌のチェックをしてみて!!

洗顔後(タオルで拭いてからね)15分くらい放置

それから肌の診断をしていきます。
○少し脂っ気が残るが多少のツッパリ感があり → インナードライの可能性あり
○カサカサ感・脂っぽい感両方あり → インナードライの可能性あり。

また、セロハンテープでもできるみたいですよ^^

手の甲に、セロハンテープ(4㎝くらい)を貼り、上から軽く押さえて剥してみて。
テープに角質がくっついてくるみたいなので、それで判断します。
○テープが白いようであれば、インナードライです。
インナードライの可能性がない場合は、白くならないみたいですよ。

ちょっとチェックしたくなってきた・・・

 

肌の内側までしっかり保湿していきましょう。

肌を清潔に保つのが、クレンジング・洗顔です。
クレンジングも、なるべく強いものではなく(シリコン入りは絶対にダメだそうです)お肌に優しいものを使っていきましょう。

保湿は、化粧水たっぷり → 美容液 → 保湿クリームの順番で、水分をたっぷり与えたら、美容液で栄養を与えて、その美容液を保湿クリームなどでふたをする感じです。

 

オールインワンなどの化粧品だと、すべて入っているものがあるので、
便利に使えると思います。
また、オールインワンでちょっと軽いなーと思ったら、プラスαしていきましょう。

隠れインナードライ肌の方は多いみたいなので、
自分でしっかりチェックしつつ、スキンケアをしていきましょう^^

 

私も早速チェックしますわ!!
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ