肌トラブルの原因って、いろいろあるかと思いますが、
クレンジングでトラブルが発生している方多いらしいです。

クレンジングの正しい使い方と選び方をすれば、
美肌はちゃんと作れますよ^^

 

 

肌トラブルの原因

洗顔料の選び方って、本当に難しいと思います。

年を重ねてくると、肌は予想以上に弱くなってきているし、スキンケアも塗ることばかりを考えて、本当はどうしていいものか?って、誰もが思っているみたい。

 

肌トラブルの悩みとして、クレンジングについてのアンケートを行ったみたいなんですが、(30代~50代の方)クレンジングが原因で、肌のトラブルが増えた!
っていう方が、全体の30%にも上ったそうです。

 

クレンジングの選び方・使い方って、本当に難しいかも?

 

自分の肌質を考えても、キレイに!!って心掛ける人ほど、
クレンジング選びには、苦労しているみたいです。

特に、乾燥肌の方はクレンジングで汚れが落ちていない感じを受けていて、
その後洗顔料で、ダブル洗顔を行っているらしい・・・・
ということも分かったそうです。

 

クレンジングの正しい選び方と使い方をすれば、
乾燥肌やその他の肌トラブルも解決するのに・・・とちょっと思いました。

 

クレンジングの正しい選び方と使い方

クレンジングの購入のポイントを、1番に「洗浄力」と上げる方が多いらしいです。

 

「メイクが落ちていない感じ・・・」というのが、
クレンジングの不満のナンバー1見たいです。

 

クレンジングの正しい選び方

どんなクレンジング剤を選ぶのか?
目安になるのは、やっぱり「メイクの質」
(濃いメイクかどうかということ)だそうですよ^^

 

濃いメイクだと、しっかり落とさなければと思って、クレンジングでこすったり
ダブル洗顔をしてしまったりと、肌の負担が増える一方です。
特にダブル洗顔は、汚れは落ちても必要な皮脂まで落としてしまったら、
元もこうもありません。

 

普段のメイクと肌の状態を知ることで、クレンジングを選ぶのがベスト。

 

濃いメイクの場合は、オイル系
ナチュラルメイクの場合は、ミルク・バーム系などで、
なるべくダブル洗顔不要のものを選んだ方が、肌への負担は軽減します。

 

クレンジングの正しい使い方

メイクが落ちていないのでは?

そんな感じを受けるのは、すすぎ方にも原因があるみたい。

人肌くらいのお湯で、優しくすすぐのがベストみたいです。

 

クレンジングの量も、そのクレンジング剤によっても違いますが、
適量を手の平で温めてから使った方がいいみたいです。

 

とにかく擦りすぎは、肌を本当に痛めてしまいます。

私も以前、擦りすぎて(自分では力が入っていないようにしていたんですが・・・)
顔が赤くなったり、吹き出物がいっぱいできてしまった経験があります。

 

クレンジングが合わない・・・と感じた理由の一つですが、
自分にも使い方が悪かった・・・という責任もあるんですよね。

 

オイルや、マッサージ効果があるといっても、優しく・素早くメイクとなじませて、
すすぐのが鉄則見たいです。
肌にのせている時間は、1分くらいでいいみたいです。

 

クレンジングは、スキンケアの基本の「き」です。

汚れをきっちり落とすと、その後につける化粧水などの効果が断然違います。

 

私も優しくを心がけて、クレンジングを変えたらば、
シミも薄くなったし、その後のケアがとってもシンプルになりました。
こちらの記事でも書いていますので、参考に読んでみてくださいね。
シミとくすみはクレンジングを変えれば解決します。

 

自分のメイクやお肌の状態によって、クレンジングを変えていくってこと、
本当に大事だと思います。

 

しっかりスキンケアをしなければならない季節に入ってきました。
自分のお肌と向き合って、スキンケアを変えていきましょう。
 
 

こちらのサイトを参考にしました。
→ 女性インサイト研究所

 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ