美肌つくりの基本は、やっぱり洗顔とクレンジング

一日の始まりが洗顔ならば、一日の肌の終わりはクレンジングですよね。
本当に正しく使っていますか?

 

 

クレンジングって、ただ単に化粧を落とすだけと考えていません?
一日使ったお肌って、ファンデーションだけではありません。
外気のほこりや汚れも、結構たっぷり吸いこんでいるみたいです。

 

その皮脂の汚れや水分の汚れ、お肌についているありとあらゆる汚れを
落とすのが、クレンジングの役割ね。

 

クレンジングも今や種類が豊富になってきていますよね。
本当はどれがいいのか?
結構自分でもわからなくなっています。

 

オイルタイプがいいのか、泡タイプがいいのか?

はたまた、洗い流す方がいいのか、ふき取るほうがいいのか?

 

出来れば、ちゃちゃーって終わらせたいクレンジングですが、
これ、油断にしてはダメですよ。

 

なぜならば、肌の汚れは、ファンデーションだけでなく、
日常の油や水分の汚れもあるそうです。

 

それが溜まっていくと、肌のくすみも引き起こします。
肌がくすんで見えると、やっぱり老け顔に見えてしまいますよね。

 

一日の疲れを早めに落とすのが一番

 

クレンジングの正しい使い方をちょっと知っておくといいかも。

 

クレンジングの正しい使い方

クレンジングの基本は、ダブル洗顔だそうです。
油分と水分を両方落としてこそのクレンジング。

 

皮脂の油分・ファンデーションの汚れは、クレンジングで落とし、
水分などは、洗顔フォームで落とす。
これ基本みたいです。

 

クレンジングは、肌になじませて汚れを浮かせて素早く落とす。
これが鉄則見たいです。

 

ふき取り式のモノは、力加減が微妙なのでゴシゴシやりがちな方は、
お肌の負担も増えてきますっていうか、うるおい成分もそぎ落とすらしいです。

 

ゴシゴシは、絶対にやっちゃダメ。

 

もしも、やりがちな方は、洗い流すタイプにするといいですよ^^

 

お化粧をしていない日も
クレンジングで日常の汚れを落としましょう。

お化粧をしていなかったといって、クレンジングをしない方もいますよね。
私も実はそうでした。

洗顔だけって感じだったんですが、
日常の汚れはくすみも同時に生むらしいです。

 

そのくすみを取ってくれるのも、クレンジングらしいです。

 

お化粧をしていない日も、クレンジングで一日の汚れを落としましょう。
ワントーン上のくすみのない肌を作るには、クレンジングが重要。

 

スキンケアを大事に思って、沢山重ねつけをついしてしまいがちですが、
過剰なお手入れこそ、肌に負担をかけダメージを与えているのかも?

 

基本の化粧品を選ぶ前に、正しいクレンジングをしていくことで、
その後のスキンケアが、しっかり浸透するはずです。

 

クレンジングですっきりね。

 

基本のクレンジング・洗顔を
もう一度見直してみましょう。。
 
 
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ