夜のクレンジング、朝の洗顔で、お肌って本当にきれいになるんですよね。
この洗顔石鹸の泡立て方。
私も、泡立てネットを使ってもなかなかうまくなりませんでした。

泡立て方にちょっとコツがいるんですよね。

 

 

 

洗顔石鹸の泡立て方

やっぱり朝の洗顔は、さっぱりして、
その後しっとりが今の私には理想です。

 

泡洗顔の場合は、
この泡が重要なんですって。

 

泡で、汚れを書き出すって感じらしいんです。

 

大体泡が立つ洗顔フォームや洗顔石鹸では、泡立てネットがついてきますよね。

 

それで、コシコシすればある程度泡は立ちます。
でも、泡洗顔の効果って、この泡が大事なんだって。

 

理想の泡で洗顔する!

ここで、洗顔料をケチったり泡立てが少ないと、どんなことが起こるのか?

十分な泡がないと、お肌をこすって気づ付けてしまいます。
そして、顔全体も洗えないし、汚れも吸収してくれません。
(泡が吸引してくれるので・・・・)

 

では、理想の泡って、どんな感じ?

私の目安は、ソフトボール大よりちょっと大目です。
最近は素早く泡立てることを、覚えましたよ・・・やっとね。

 

以前使っていた洗顔石鹸も、無添加でとっても良かったんですが、
スキンケア効果を感じなかったんですよね。
それは、自分のせいかも?

って最近思うようになってしまいました。

 

理想の泡立ちではなかったし、泡をうまく作ることができなかったので・・・・

泡洗顔の場合は、もしかしたらどんな洗顔料でも泡立ちが命。
理想の泡を作ることが出来たら、なんでもOK!!だったかしら?
なんて思ったりもします。

 

理想の泡をつくるには?

私がやっている方法なので、もっと上手な方もいるかもですが、
もし泡を作るのが得意ではない方は、やってみて!!

 

まず泡立てネットを水で濡らします。(あまり濡らしすぎはダメです。)
その中に、洗顔石鹸(私は石けんなので・・・)を入れるんですね。

 

で、空気を入れるっていうか含ませるようにして、
クルクル・クシュクシュするわけ。

 

これだけです。

 

この空気を入れるようにっていうが、ちょっと難しかったんですよね。
空気を入れる・含ませることによって、泡がだんだん大きくなるんですよ。

 

ある程度大きな弾力のある泡で洗顔していくと、
本当の意味でのスキンケアになります。

私のシミもですね・・・・
洗顔石鹸の、泡のおかげで薄くなってきたよー!!

 

理想の泡づくりしてみてくださいね。
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ