ノンシリコンシャンプーなどで、「ノンシリコン」っていう言葉が、
最近躍っていますけれども、そもそもシリコンがシャンプーに入っていたらり、
スキンケアの中に入っていたということかしら?

ノンシリコンって、本当に大丈夫なのかな?

 

 

今さらノンシリコンって大丈夫なのその成分って?

「ノンシリコンシャンプー」を使うと、
サラサラ、つやが出るみたいなイメージですよね。

 

私はノンシリコンシャンプーは使っていませんが、ハンドソープを使っています。

 

あんまり泡立ちってないんですが、洗い上がりがツルツルするんですよね。
なんかすごいね!!って思いましたよ。

 

ノンシリコンって、なんだかわからないので調べたんです。
だって、大丈夫かな?って思ったから・・・・

 

シリコンの成分とはを知ることかしら?

ノンシリコンというくらいだから、シャンプーや化粧品に使われている、
シリコンという成分を調べると早いのかもですね。

シリコンの成分 ジメチコン・ジメチコノール・シクロペンタシロキサン・シクロメチコン・アモジメチコン・シロキなどの合成ポリマー
※合成ポリマーとは?
大きなサイズの分子を持つ高分子の合成物質のこと(?)
合成樹脂・合成セルロース・合成オイル
ジェル基材などによく使われているそうです。

 

合成ポリマーなどが含まれている化粧品を使うと、お肌がコーディングされ、
ツルツルのなめらかな肌触りになるみたいです。

 

ですが、これは表面上のことで表皮がツルツルだと、
実はインナードライの可能性があることも多いらしいですよ^^

 

※インナードライ肌については、前にまとめてありますので、
参考に読んでみてくださいね。
インナードライ肌に注意内側はカサカサの原因と改善方法。

 

このシリコンの成分が含まれていないものが、ノンシリコンというわけだ!!

 

シリコン入りの場合だと、栄養をはじいてしまうのに対して、
ノンシリコンだと、ポリマーで膜を作らない分栄養が浸透しやすい状態になるということらしいです。

 

シャンプーなどで使われているのものは、従来のシリコン入りのものだと、
傷んだ髪だけに栄養が浸透するけれども、頭皮や毛根まで栄養も届かず、
洗い残しがある場合、頭皮などにシリコンが詰まり薄毛や抜け毛の原因にもなるみたいです。

 

 

だた、ノンシリコンが本当にいいのか?っていうのは、
賛否いろいろあるみたいです。

シリコン入りのモノが、本当に悪いか?って言えば、
コーティング力は優れているのが、シリコン入りのモノなので、
成分をよく見て、使った方がいいと思います。

 

ノンシリコンの化粧品は大丈夫か?

ノンシリコンの化粧品も中にはありますが、
ツルツル感を出すためには、やっぱりシリコンが入っている商品が多いみたいです。

毛穴が詰まるというけれども、ファンデーションや日常の汚れを落とすための、
クレンジングなども、強いものを使わなければ、
確実に汚れを落としてくれるし、お肌にも優しいとも思うんですよね^^
 
 

ノンシリコンというよりも、自分に合ったスキンケアにするのが、
一番大事かなーって思います。
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ