肌の成分について、いろいろ調べたくなって今回は、「スクワラン」について、
ちょっと調べました。

45歳を過ぎると、っていうか年齢を重ねると、
いろんなものが、減少していくんですがスクワランも減少するんですって。

っていうか・・・スクワランってなんだ?????

 

 

植物性スクワラン

コラーゲンやプラセンタなど、美容に関わる成分ってたくさんありますよね。

 

でも、実は名前などって興味があれば、
どんなものかって知っていますが、
興味を持たなければ何も知らない状態。

 

 

スクワランも聞いたことはあるけれども、本当はどんなものでどんな効果で?
っていうことを、私は全然知らなかったので、この際ちょっと調べました。

 

スクワランは、皮脂膜を作ってくれています。

健康な肌は、水分バランスと皮脂のバランスが整っていることをいいますよね。
若くて健康的な肌は、スキンケアをしなくても大丈夫でしょう?

 

それに健康的な肌の場合は、皮膚から出た汗と皮脂が自然に混ざり合って、
皮脂膜をちゃんと作ってくれるみたいです。
この皮脂膜が紫外線や汚れなどから、肌を守りまた潤いも逃がさないように
保護してくれるみたいです。

で、この皮脂膜を生成しているのが、スクワランだそうですよ。
(知ってました?びっくりね)

健康的な肌の皮脂には、このスクワランが3%~4%ほど含まれているみたいです。

 

スクワランは、18歳をピークに減少するらしいっす。
45歳以上の私は、ほとんどないのかしら?

 

皮脂の生成を助ける、スクワランを使ったスキンケアが誕生したのも、
アンチエイジングにも、健康な肌を保つための効果的だからだそうです。
またスクワランは、もともと肌にある成分なので、それを補うためのスキンケアは、
肌に弱い方や、年齢によって敏感になっている方にも使えますね。

 

 

化粧品に含まれるスクワランの原料とは?

スクワランの原料は3種類ほどあります。

 
 

  • 深海鮫の肝油からとったもの
  • オリーブからとった植物性のもの
  • 化学的に合成したもの

 

サメの肝油からとったスクワランは、50年モノ歴史があるそうです。
高級化粧品に使われているもののほとんどが、このサメから採ったスクワラン
だそうですよ^^

オリーブの植物油から採ったスクワランは、最近のモノだそうです。
サメの肝油と比べると、純度がさがるといった研究結果も出ているみたいです。

化学的に合成されているスクワランは、作る過程においてコストがかかるみたい。
ただ最近では、低コストで供給ができているようです。

 

良いスクワラン・スキンケアを選ぶために知っておくべきこと。

良いスクワランの化粧品を選ぶためには、
原料となるスクワランを知るということが重要ですね。

 

動物性(サメ)のものなのか、植物性のものなのか?というのも
選ぶためには、知っておくといいですよね。

純度の低いスクワランは、変質や酸化をする可能性が高く、
紫外線を浴びることによって、お肌のトラブルにもなるそうです。

 

スキンケアは、毎日使うものなので、お安い事には越したことはないですが、
成分や会社の考え方・自分お肌の状態と相談しながら選ぶといいですね^^

 

お試しなどで使う場合も、ネットなどで会社情報などを調べてから、
トライするのもおすすめ。

 

私も最近ちょっとスクワランを試してみましたよ。
詳細はこちらから→ スクワラン1滴のシンプルケア
夏には、シンプルなスキンケアがいいみたいです。
 
 
参考にしてくださいね。
 
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ