プラセンタって、美容だでなく健康・更年期・メンタルヘルスの分野でも、
使われている成分です。

 

プラセンタにも種類があるそうで、一般的なサプリメントに使われているのが、
豚プラセンタです。

 

私が飲んでいるプラセンタは、馬プラセンタなんですが、
どっちを選ぶ?成分なのか価格なのか?

 

 

 
プラセンタの種類│豚・馬プラセンタどちらを選ぶ? プラセンタは、胎盤のこと。

哺乳動物の妊娠期間にだけ作られる器官です。

プラセンタは栄養成分の宝庫と言われているだけあるんですよね。

 

 

プラセンタで注目する成分の一つとして「成長因子」
最近では、美容液やローションの中にも含まれたりしているんですが、
成長因子の働きは、古くなった細胞に変わって、新しい細胞を作りだす助けを
しているんだそうです。

 

・・・とういうことは・・・・・ターンオーバーを正常化させて、
古い細胞をどんどん新しい細胞に作ってくれちゃっているわけね。

 

健康食品や化粧品に使われているプラセンタは、ブタ・馬プラセンタです。

 

どっちを選ぶ?????って考えている人も多いはず!!
私が馬プラセンタを選んだのは、成分の違いからですが、
どう違うのか????調べました。

 

 

豚プラセンタと馬プラセンタの違いとは?

◆豚プラセンタ◆

豚プラセンタは、一般的に使われているのがこちらです。
 
豚プラセンタは人間と遺伝子が違いので相性がいいらしいです。
成分的には、アミノ酸・タンパク質・成長因子など、栄養成分は含まれますし国産豚を使っているものが多いので、大量に確保できるため、
価格的にも安価です。
 
ただ、病気を予防するワクチン・薬剤の投与を受けている可能性もあるので、
品質管理を徹底しているものを選ぶ必要があります。
【SPF豚】を原料としているプラセンタは安全性が高いですよ^^
 

 

◆馬プラセンタ◆

馬は年に一頭しか出産をしません。
なので豚に比べて、プラセンタの量も限られています。
 
また、馬は病気にかかりにくいので、胎盤は薬剤の影響などは受けないらしいです。
 
プラセンタに用いられているは、さらにサラブレッドが一般的だといわれているので、安全性も心配ないらしいです。
 
更に豚プラセンタに比べると、アミノ酸含有量が1.2倍
豚プラセンタにない必須アミノ酸が6種類も含まれています。
 

 

比較すると、馬プラセンタの方が優れちゃっている・・・・っていうことです。

 

豚プラセンタが悪いわけではないし、栄養成分もたっぷり含まれています。
サプリメントとして使うのであれば、あまり高額なものだと、
続かない場合もありますよね?

 

健康食品やサプリメントなどは、継続してこそ効果が出るわけです。
飲まないよりも、飲んだ方がいいし更なる効果を期待したい!!
って思っているならば、馬プラセンタの方がおススメですね。

 

私が飲んでいる馬プラセンタは注目成分も入っています。
だから、選んでみました。
馬プラセンタ「プラセンタの泉」
 
続けると必ず実感できます!!
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ