紫外線もどんどん強くなって、ファンデーションの中にもUVカットの
成分が入っているものを使っているんですが、
ふと・・・ちょっと待った!!

化粧下地と日焼け止めって、どういう順番で塗るんだろう?

 

 

化粧下地と日焼け止め順番とは?

そもそも化粧下地っているのか?
っていうことも考えた時がありました。

 

私は美容液ファンデーションを使っているンですけれども、これだけでも結構しっとり感も
あるし、化粧下地を塗るってどうなんだ?

 

 

化粧下地の役目を考える。

通常は、スキンケアのあとファンデーションを塗る前に使うのが化粧下地。

下地クリームとも言いますね。
リキッドタイプやクリームタイプなどありますよね。

下地クリームは、ファンデーションを密着させるための役割と、
毛穴・しわ・すくみなどをカバーして、肌をなめらかにさせる役割があるみたい。

 

その他には、肌のカラーコントロールもでき、よりきらっとさせる効果も。

化粧下地を塗るだけで、毛穴の余分な脂分を押さえて、
ファンデーションの崩れを防ぎます。

 

肌の保護にも役立ちます。

下地を塗ることで、メイクの崩れをキープしてくれるんですが、
ファンデーションをそのまま塗ってしまうと、毛穴に余計な汚れが入るみたい。
毛穴の汚れを落としきれないと、メイクを落とすときに肌を傷つける恐れも・・・

下地はファンデーションよりも先に毛穴に入るという感じになるので、
メイクを落とすときも、汚れを落としやすく肌を傷つけることが少なくなります。
肌の保護には、化粧下地は欠かせないわけですね。

日焼け止めと化粧下地塗る順番とは?

紫外線が弱い冬であれば、ファンデーションや化粧下地の成分を確認して、
UVカット成分が入っているのであれば、それだけで十分紫外線対策はできますが、
やっぱり紫外線量が増える季節になると、どうしてもそれだけでは不十分。

 

日焼け止めが活躍しますよね。

下地クリームなどに日焼け止め成分が入っている場合でも、
順番はこんな感じだって。

化粧下地 → 日焼け止め → ファンデーション

ちなみに、日焼け止めの成分が入っていない化粧下地を使う時は逆らしい。

日焼け止め  → 化粧下地  →  ファンデーション

この前ちょいっとテレビで知ったんですが、肌の弱っているときや、
ちょっとゴワゴワしている時ってファンデーションを塗りたくない時って、
ありますよね。

 

そういう時は、化粧下地と日焼け止めを手の平で混ぜてから、
肌にぬるのがいいみたいです。

ファンデーションの代わりに、パウダーを使うと肌には負担がかからないみたいです。

ファンデーションを塗りたくないときもありますよね。

でも、やっぱり焼けたくない・・・

 

そんな時は、上に書いた方法を試してみて!!

肌ストレスが、少しは解消できるかも!!

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ