美肌やアンチエイジングのための化粧品もいいですが、
基本は健康な体つくりも大事ですよね。

以前から注目を浴びているナッツ系のくるみは、
簡単に摂取できて、アンチエイジングにも効くそうですよ^^

 

 

くるみの栄養成分オメガ3系はアンチエイジングの見方

最近私はお米を変えたんです。
ミネラルやビタミンが入っているやつに。

1ヶ月以上たちますが、我が家の母の体調にすごーい変化が出たんですよね。

母は加齢ということもありますが、
けっこうな便秘がちで、薬を飲んですっきりさせるタイプなんです。

ですが、お米を変えて2ヶ月目に入った最近は、毎日とってもすっきりするらしい。

すごい!!って思いましたよ。

 

やっぱり、食から栄養素を補うのが一番健康にはいいんですよね。

 

私はネットでお米も購入しているんですが、
やたらと、くるみの画像が目についたので、なんでくるみなんだ?

って思ったら、アンチエイジングや肌荒れにも効果があり!!
紫外線が強くなる時期だからこそかしら?
 

くるみのこと、ちょっと調べてみました。

 

くるみは必須脂肪酸のオメガ3を多く含む食材です。

美容成分は、毎日の食生活でも積極的に取り入れたいものですよね。

 
化粧品で補えるものと、体からキレイにしていることと、
両方をしていくことで、健康にも美容にもいいということになります。

 
美容成分の中でも、体の減容となる油は、各種ホルモンの原料となります。

 
その油の質の中で摂取量が少なっているのが、必須脂肪酸の「オメガ3」
オメガ3系の脂肪酸不足は、肌の乾燥・肌荒れの原因にもなります。
 
 
 

こちらの記事でも書いていますので、参考にお読み下さいね。
→ アンチエイジング・美肌成分の食材を知って補いましょう。
 
 
 

その中でも、くるみは美容効果も健康効果も優れているみたいです。
 
 
 

くるみの栄養成分

※画像は、カリフォルニアクルミ協会さんからお借りしました。
 
 

くるみの栄養成分
ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、銅、亜鉛
ミネラル、ポリフェノール、食物繊維

 
 

また、メラトニンなど人間の健康維持、増進に必要な成分も多く含まれていて、
バランスよく栄養素を取り入れるには、最適な食材といえます。

 

くるみは、1日どれくらい摂取したら、カロリーは大丈夫?

くるみの1日の摂取量は40gくらいがいいそうです。
40gで、だいたいくるみ7個分(必要な必須脂肪酸を摂取できるみたいですよ)

1日7個食べるとして、7個分のカロリーは278kcal

普通のご飯茶碗1杯分がだいたい235Kcalなので、ちょいっと多いですね。

ですが、食材を置きかえれば、いつもの食事にプラスするだけですね。

 

オイルにした場合は、大さじ1杯くらいが目安です。

 

くるみなどのナッツ類は、殻つきのままのフレッシュな状態で、
食べることができるので、簡単ですよね。

くるみの旬は秋なので、旬の時期はぜひとも食べたいものです。

今や、海外のくるみも多く輸入されているので、
通販などでも、目にするわけですね^^

 

くるみは、美容効果だけでなく、コレステロール値を下げ(肥満予防)
動脈硬化予防・咳止め・便秘症改善・不眠症改善などにも
効果的らしいです。

 

くるみは身近な食材だけに、簡単に摂取できますので、
毎日の食事の中に取り入れるって、いいですね。

 

早速、サイトでいろいろ探してみようと思います。
 
 
 

今日もご訪問ありがとうございます
あなたのぽちっとが、私の元気のミナモトです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ